メインコンテンツに移動
x

表紙ページ

トップページ

私のウェブサイトにお越しいただき、まことにありがとうございます。

IEEE理事会により2018年IEEE会長選におけるIEEE会長(2019年就任)候補者として選出されたことは喜ばしく光栄に思います。

このウェブサイトにおいて、皆様に私の活動を紹介するとともに、IEEEにおいて将来実施する可能性のある活動の方向性に対する私のビジョンを皆様と共有したいと存じます。

皆様から貴重な感想やコメント、質問、提案をお寄せ頂ければ幸甚です。

IEEEの選挙において、ご支援、ご投票の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

最後に改めて、皆様にお礼申し上げます。

Vin

Vincenzo Piuri
IEEEフェロー(学生会員(1984年~)普通会員(1986年~)上級会員(1996年~)フェロー(2001年~))
IEEE Society/Council現会員/活動:CIS、ComSoc、CS、CSS、EMBS、IMS、PHOS、RAS、SMCS、SPS、BIOMC、SYSC、WIE
University of Milan, Italy

基本方針表明

私たちの生活において技術が果たす役割の重要性が高まっており、人類の利益のため科学や技術、イノベーションにおいてIEEEが世界的なリーダーであり続けることが極めて重要です。IEEEは、IEEEコミュニティーが提供できる卓越した専門的知識や貢献により、独自の地位を確立しています。

私たちが協力して、この課題と向き合い、職能の向上を実現するには、次のような方法があります。

  • 世界中のIEEE会員や科学界・専門家団体のニーズに人間中心の個別的なアプローチをもって応えることで、それらの方々を力づけ、引き付けること。会員に対しさらに大きな価値を提供すること。ネットワーク作りの機会やサービスをさらに多く創出すること。継続的教育を拡充すること。すべての会員を幅広く引き付けること。特に若い世代に配慮すること。キャリア開発を支援すること。
  • 地理的出身、技術に関する専門的知識、専門的職業、文化、性別、年齢への受容性と多様性を促進すること。国際環境が進化する中、全体的観点に立ち精力的に行動すること。各国・地域の独自性やコミュニティーの発展を促進すること。各国・地域の協会や国際的な協会との共同提携を強化すること。
  • 高品質で革新的な時宜を得た知識の、信頼のおける情報源となること。最新の学際的な新興の技術や応用法、規格を識別すること。産業界や学会のニーズへの即応性を高めること。科学者、現役の専門家、若い専門家、起業家、学生に焦点を合わせる一方、新しいコミュニティーや一般社会にもアピールすること。

 

このビデオの中で、私たちのIEEEや、私たちの分野における科学界・技術界・専門家団体全体の発展を世界レベルにおいても国・地域レベルにおいても促進していくための戦略的行動に関する私のビジョンを簡単に紹介いたします。

履歴

イタリア・ミラノ大学コンピューター工学教授(2000年以降)、同大学学科長(2007~2012年)。イタリア・ミラノ工科大学准教授(1992~2000年)、アメリカ・テキサス大学オースティン校客員教授(1996~1999年夏期)、アメリカ・ジョージ・メイソン大学客員研究員(2012~2016年夏期)。

工業アプリケーションに関する知的システム分野のベンチャー企業Sensure srlを設立し(2007~2010年)、いくつかの企業との工業研究プロジェクトにおいて活躍。

イタリアのミラノ工科大学においてコンピューター工学の理学修士号および博士号を取得。

研究および工業アプリケーションにおける主な関心分野:知的システム、計算知能、パターン解析・認識、機械学習、信号・画像処理、バイオメトリクス、知的計測システム、工業アプリケーション、分散処理システム、モノのインターネット(IoT)、クラウド・コンピューティング、フォールトトレランス、特定アプリケーション向けデジタル処理アーキテクチャ、演算アーキテクチャ

適格性

Vincenzo Piuriは、当初は学生会員兼ボランティアとして、最近はIEEE理事会メンバーを4年間務めるほか、IEEE Vice President for Technical Activitiesとして、IEEEにおいて33年間、継続的かつ積極的に力を尽くしてきました。IEEEの活動や運営において、会員サービス、技術委員会、人々のネットワーク作り、学会、出版、教育、財務、管理など、多くの面と段階において積極的に関与してきました。

これらのどの活動においても、IEEEが「一つのIEEE」として全体的観点に立つ唯一の団体であるという総合的なビジョンを常に抱いており、すべてのグループに加え科学界・技術界・専門家団体、ひいては社会全体の共同利益のため、協力と受容性を強力に推進してきました。

IEEE 活動

2017
IEEE Technical Committee on Environmental Engineering (Founding Co-Chair)
IEEE Sections Congress (Program Chair)
IEEE Awards Board
2016
IEEE Past Vice President for Technical Activities
IEEE Strategic Planning AdHoc Committee
IEEE TAB Strategic Planning Committee (Chair)
IEEE MGA Strategic Direction and Environmental Assessment Committee
2015
IEEE Vice President for Technical
Activities IEEE Board of Directors
2014
IEEE Strategic Planning AdHoc Committee
2013
Editor-in-Chief of the IEEE Systems Journal (2013-2017)
IEEE Publications Services and Products Board
IEEE PSPB Strategic Planning Committee
IEEE Biometrics Certification Committee (2008-2013, Chair)
2012
IEEE Board of Directors (Division Director)
2011
IEEE Board of Directors (Division Director)
2010
IEEE Board of Directors (Division Director)

Get in Touch

By submitting this form, you accept the Mollom privacy policy.