メインコンテンツに移動
x
  •  2019 Candidate for IEEE President-Elect 
     VINCENZO PIURI 

履歴

イタリア・ミラノ大学コンピューター工学教授(2000年以降)、同大学学科長(2007~2012年)。イタリア・ミラノ工科大学准教授(1992~2000年)、アメリカ・テキサス大学オースティン校客員教授(1996~1999年夏期)、アメリカ・ジョージ・メイソン大学客員研究員(2012~2016年夏期)。

工業アプリケーションに関する知的システム分野のベンチャー企業Sensure srlを設立し(2007~2010年)、いくつかの企業との工業研究プロジェクトにおいて活躍。

イタリアのミラノ工科大学においてコンピューター工学の理学修士号および博士号を取得。

研究および工業アプリケーションにおける主な関心分野:知的システム、計算知能、パターン解析・認識、機械学習、信号・画像処理、バイオメトリクス、知的計測システム、工業アプリケーション、分散処理システム、モノのインターネット(IoT)、クラウド・コンピューティング、フォールトトレランス、特定アプリケーション向けデジタル処理アーキテクチャ、演算アーキテクチャ。

産業界、欧州連合、イタリア研究省やイタリア学術研究会議の出資による国家プロジェクトや欧州のプロジェクトにおいて研究を実施。国際的な定期刊行物や会議の会報、書籍、書籍の章における400本を超える論文の中で革新的な成果を発表。

IEEEにおいて活動や協力、国際化を積極的に推進。IEEE理事(2010~2012年、 2015年)、IEEE Strategic Planning AdHoc Committeeメンバー (2014年、2016年)。 IEEE Communications Society、IEEE Computational Intelligence Society、IEEE Computer Society、IEEE Control Systems Society、IEEE Engineering in Medicine and Biology Society、IEEE Instrumentation and Measurement Society、IEEE Photonics Society、IEEE Robotics and Automation Society、IEEE Signal Processing Society、IEEE Systems, Man, and Cybernetics Society、IEEE Biometrics Council、IEEE Systems Council, IEEE Technical Community on Cloud Computing、IEEE Technical Community on Environmental Engineering、IEEE Technical Community on Internet of Things、IEEE Women in Engineering.の現メンバー。

IEEE会員や世界規模での科学界・技術界向け活動を推進。2017年IEEE Sections Congressのプログラム委員長を務めたほか、MGA Strategic Direction and Environmental Assessment CommitteeのメンバーとしてIEEE会員サービスに関する戦略企画に協力(2016年)。技術活動におけるボランティア研修プログラムを創設・管理(2014~2016年)。各RegionにおけるSection間の協力や、Society、Technical Councils in Divisions、Standards Associationの間における協力を強化するためのアウトリーチ・プログラムを推進・編成(2015~2016年)。Technical Field Awards Committeeの委員長またはメンバーであり、科学者や専門家、ボランティアの優秀さを表彰するためのさまざまな賞の創設を提案。IEEE Computational Intelligence SocietyにおけるVice President for Members Activitiesを務めた(2003~2004年)ほか、IEEE Systems Council Italy Chapter(2008~2009年)とIEEE Biometrics Council Italy Chapter(2009年)との双方の創設者となり、ミラノ工科大学におけるIEEE学生支部・アドバイザー(1993~2004年)を務めた。世界各地においてIEEE Computational Intelligence Societyの30を超えるChapterの創設を推進。

専門分野や科学界・技術界・専門家団体の発展を積極的に促進。IEEE Vice President for Technical Activities (2015年)を務めたほか、Technical Activities Strategic Planning Committee (2016年:委員長、2011~2014年:メンバー)に参加。 IEEE Computational Intelligence Society の会長(2006~2007年)。IEEE Environmental Engineering Initiativeの創設者(2014~2016年)。IEEE Internet of Things Initiative運営委員 (2016年)。IEEE Computational Intelligence Society、IEEE Computer Society、IEEE Instrumentation and Measurement Society、IEEE Systems Council、IEEE Biometrics Councilの様々な技術委員会の委員を務めた。Computational Intelligence Society Technical Committee およびInstrumentation and Measurement Societyにおける様々なIEEE技術委員会の創設者、または共同委員長を務めた。IEEE NTDC Technical Committee on Biometricsの副委員長(2005~2008年) を務め、IEEE Biometric Councilの創設に多大に貢献 (2006~2008年)。 他にIEEE Computer Society Test Technology Technical Committee におけるTechnical Activity Committee on Defect Toleranceの委員長を務めた(1995~2006年)。

20年超の間、国際会議の数多くの技術プログラム委員会の委員を務めたほか、実行委員長、プログラム委員長その他の肩書きにおいて100を超える国際会議や国際ワークショップを組織。これらの会議は、主としてIEEE(具体的にはComputational Intelligence Society、Communications Society、Computer Society、 Instrumentation and Measurement Society)が主催。

編集活動もいくつか完遂しており、『IEEE Systems Journal』編集委員長(2013~2017年)を務めているほか、さまざまな国際的定期刊行物(『IEEE Transactions on Cloud Computing』(2016年以降)、『IEEE Transactions on Neural Networks』(2002~2004年)、『IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement』(1997~2002年など))の編集理事会の理事を歴任。IEEE PSPB Strategic Planning Committeeのメンバー(2013年、2009~2011年)として戦略企画に貢献。また、IEEE Systems Council(2008~2011年)とIEEE Instrumentation and Measurement Society(2002~2004年)との双方の出版担当副会長を務めた。

教育活動にも積極的であり、IEEE Biometrics Certification Committeeの委員長(2008~2013年)およびIEEE Biometrics Councilの教育担当副会長(2008~2009年)を務めた。イタリアのミラノ大学におけるコンピューター・サイエンスの博士課程プログラム担当理事(2005~2007年)、IEEE Neural Networks Society、IEEE Instrumentation and Measurement Society、INNS(International Neural Networks Society)、ENNS(European Neural Network Society)の後援の下で、同大学工業アプリケーションに関するソフト・コンピューティングの国際的な修士号プログラム担当理事(2003~2004年)、ならびに計測・測定用ニューラル・ネットワークおよび関連する工業アプリケーションに関するNATO-IEEE-INNS-ENNS高等研究所(イタリア クレマ)の科学共同理事(2001年)。

IEEEフェロー(2001年)、IEEE-HNK会員(2011年)、ACM Distinguished Scientist(2008年)、INNSシニア会員(2009年)。ハンガリーのブダペストに所在するオーブダ大学(2014年以降)、中国の広東石油化工学院(2014年以降)、日本の室蘭工業大学(2016年以降)の客員教授を務める。